交通安全対策協議会の概要

湘南大庭地区から交通事故をなくすため、広く交通安全運動を推進し、交通事故防止を図ることを目的としています。

次の事業を行っています。
(1)交通安全に関する啓発事業
(2)地区内の交通安全対策事業の企画・実施に関すること。

(3)地区内の交通事故多発箇所の対策に関すること。

(4)その他、地区内交通安全対策に必要な事項

詳細は、下記PDFファイルをご覧ください
規約.pdf

検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

お知らせ

H29 年末の交通事故防止運動が始まります。

年末は飲酒の機会が増えることにより、交通事故の多発が懸念されます。また

早い日没のため暗い横断歩道での事故もあります。横断歩道を渡ろうとしている歩行者等がいる時は車は減速または停車しなければなりません。違反者には

罰則が適用されます。交通ルールを守って明るい新年を迎えましょう。

 

スローガン

 「無事故で年末 笑顔で新年」

実施期間

 平成29年12月11日(月)から20日(水)までの10日間

重点

 (1)飲酒運転の根絶

    飲酒を伴う会合等には自動車を運転したり、自転車に乗って行くのを

    やめましょう。

 (2)歩行者(特に高齢者)と自転車の交通事故

    夜間の外出には、目につきやすい「明るい服装」や「反射材」を身に

    つけましょう。

 (3)後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルド(ベビー)

    シートの正しい着用の徹底

キャンペーンの実施

 (1)12月11日午後3時から「湘南とうきゅう付近」で歩行者に

    キャンペーン用品を配布して交通事故防止を呼びかけます。

 (2)夜間街頭指導

   12月11日から13日の三日間、湘南大庭市民センター前で午後6時半

   から行います。